クリス・ワトソン:
フィールド・レコーディング・ワークショップ

編集部

Chris Watson: Field Recording Workshop
クリス・ワトソン:フィールド・レコーディング・ワークショップ

世界的知名度を誇るフィールド・レコーディングの第一人者、クリス・ワトソンが録音について公開ワークショップを実施します。BBCドキュメンタリーでの野生動物や自然環境音の録音技術、ビョークやシガー・ロスといった様々なアーティストとのコラボレーション等、録音作家クリス・ワトソンがこれまでに築き上げてきた「音」に関する理論的考察と圧倒的な録音技術に接する絶好の機会です。

[日時・場所]
2009年9月24日(木)、25日(金)両日13時スタート
東京藝術大学大学院映像研究科馬車道校舎・大視聴覚ホール

[ワークショップ内容]
・「フィールド・レコーディング論」9月24日(木)13〜17時
これまで世界各国で録音した音源を紹介しつつ、フィールド・レコーディングにおける美学的理論や実務技術、映像メディアにおける表現との関係性についての講義。

・「屋外グループ・フィールドワーク」9月25日(金)13〜17時
課題に基づいて、フィールドワークの録音実習を行います。実習では実務的な技術も教示します。録音機材は受講者各自で持参してください。
*両日逐次通訳付。

[参加方法]
事前に、www.the-concrete.orgからの登録をお願いします。先着順で、定員になり次第締め切らせていただきます。受講料は無料です。「フィールド・レコーディング論」のみの受講も可能です。「屋外グループ・フィールドワーク」を受講される方は、「フィールド・レコーディング論」も必ず受講してください。

[プロフィール]
クリス・ワトソン(Chris Watson)
野生動物や自然環境における録音を通じてインスタレーション、映画録音、テレビやラジオ等、様々なメディアで作品を発表している。CD『Stepping into the Dark』は、アルス・エレクトロニカ・フェスティバル(オーストリア、リンツで毎年開催)で優秀賞を受賞。BBC製作の自然環境系ドキュメンタリーや、シガー・ロスの映画作品『Heima』、ビョークやマシュー・ハーバートの音楽作品へも音源提供を行っている。西英国大学は、彼の野生動物に関するフィールド・レコーディングに対して、名誉博士号を授与した。 www.chriswatson.net

[主催]
特定非営利活動法人映像メディア創造機構/東京藝術大学大学院映像研究科/CONCRETE

[本イヴェントについてのお問い合わせ]
info@the-concrete.org
www.the-concrete.org

■クリス・ワトソン関連ライブ情報
「CONCRETE Vol.2」
2009年9月26日(土)
開場:19時00分、開演:19時
会場:東京藝術大学大学院映像研究科 馬車道校舎1Fホール
入場料:無料
主催:CONCRETE
出演:
Chris watson(Touch,UK)
Aki Onda(NY/JPN)
Yasuhiro Morinaga(JPN)
KK Null(JPN)

■関連情報
「クリス・ワトソン:フィールド・レコーディング・ワークショップ」は文化庁委託事業「SOUND CONTINUUM 録音の創作と保存活用における国際文化交流」の一環です。引き続き同事業として以下の予定があります。

国際会議SOUND CONTINUUM
2009年11月21日(土)、22日(日)
会場:東京藝術大学大学院映像研究科新港スタジオA(予定)

出演:
ミシェル・シオン(パリ第三大学教授/映画音響研究者/作曲家)
リチャード・ランフト(英国立図書館音響アーカイブ所長)
ラリー・サイダー(School of Soundディレクター)
ホー・ツー・ニェン(映像作家/映画監督)
小沼純一(早稲田大学教授)
オノ・セイゲン(作曲家/録音エンジニア)
詳細は、www.the-concrete.orgをご覧ください。

17 Sep 2009
© Flowerwild.net All Rights Reserved.